b0319432_06305401.jpg

プロムス 70。9月7日。ロイヤル・アルバート・ホール、ロンドン
指揮:ユーリ・テミルカーノフ指揮、ピアノ独奏:ニコライ・ルガンスキー
サンクトペテルブルク・フィルハーモニー管弦楽団
1) チャイコフスキー:”フランチェスカ・ダ・リミニ”
2) ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番
3) リムスキー-コルサコフ:”シェエラザード”

最終日のお祭り騒ぎで有名なの夏の風物詩、プロムス。約2ヶ月近くの間、英国内外から著名音楽家が訪れるロンドンの音楽フェスティバルです。この日は、テミルカーノフ指揮のサンクトペテルブルグフィルでオールロシアプログラム。ムラヴィンスキー&レニングラードフィル時代パワフルで重量級音楽の伝統が果たしてどう引き継がれているのか興味津々。1曲目のフランシェスカ・ダ・リミニは、消化不良気味。アインザッツが合わないところが多々あります。しかしところどこで美しく温かいサウンドが聴かれ、次に期待させます。
b0319432_06322906.jpg

一転ラフマニノフは、ピアノの重厚な和音とオケの麗しい主題でダイナミックに始まり印象的。ルガンスキー、ほんと上手いです。全ての音をバランスよくクリアに鳴らすとともに瑞々しいリリシズムが素晴らしい。そして、サポートするオケのサウンドのなんとまろやかなことか。良い意味で期待を裏切られました。レニングラードフィル時代の剛なイメージとは無縁です。一方、重々しくないため北の暗さをことさら主張することもありませんが、テミルカーノフの絶妙のさばきにより音楽の伸縮が生まれ、そこから美しいサウンドのなかに陰りが垣間見え、それがこのオケでなければ出せない北の大地の雰囲気を醸し出ます。ラフマニノフ、とことん楽しめました。
b0319432_06330702.jpg

そして、シェエラザード。こちらも、音量で圧倒するのでなく外見的派手さに頼るのでもなく、まろやかなサウンドを土台にした陰影に富んだ滋味豊かな音楽。しかし、弦楽器が独特の美音で、クラリネット、フルート、ホルン、トロンボーン等のソロも秀逸で、色彩豊かです。それゆえ、リムスキー-コルサコフ独特のオーケストレーションの巧みさが浮き彫りになり、こちらの面でも楽しめました。ただvnソロの高音の音程がぶら下がったのは残念。

b0319432_06340144.jpg

テミルカーノフは、細かい拍や指示は出さず、ポイントで音楽を動かし、オケのサウンドを生かして味わい深い音楽を紡ぎ出しています。一方、派手に腕を大きく振ったり、突然手をひらひらしたりして、曲想を体で表現。このような動きは他の指揮者では見たことがなく、まるで、映画「マエストロ」の西田敏行みたいでした(笑)。

アンコールでは、チャイコフスキーのくるみ割人形の終幕の曲を演奏。これまたムード満点で、なんとも得した気分でした

★日本ブログ村ランキングに参加しています。
是非1クリックお願いしますね!↓

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へにほんブログ村 クラシックブログ クラシックコンサート・演奏会感想へ
にほんブログ村


[PR]
b0319432_06263919.jpg
8月6日:ザルツブルク音楽祭
ベルナルト・ハイティンク
指揮、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団
ブルックナー 交響曲第8番
ザルツブルク、祝祭大劇場

夏休みのドイツ・スイス旅行のついでに、ザルツブルクに立ち寄り、ウィーンフィルを初体験しました。ハイティンクは、いつものように高齢を感じさせないエネルギッシュで丁寧な音楽作り。地味なのですが、大建築のようなガッシリした音楽の構造が特徴です。さらにウィーンフィルの音は、他のオケでは聴けない素晴らしさ。まろやかで柔らかく、暖かい、そして深い響きです。それらがあいまって、美しくて壮麗でスケールが大きく、そしてなにより極めて魅力的なブルックナーを聴くことができました。

各プレイヤーの音もとても魅力的。外向的に派手では無く、しっとりしてとてもまろやかで柔らかい音で、自発的にのびのび演奏します。特にウィンナ・ホルンの独特の音には感動しました。ウィーンのホルンだとわざわざワーグナーチューバと使い分ける意図がわかります。またフルートも自由闊達な音で華やかさを演出。カール=ハインツ・シュッツですね。
b0319432_06312491.jpg
細部は、アインザッツがあってない箇所やバランスの悪いところなどがたまに見られます。しかしそんな些細なことなんて音楽の本質とは関係ないと納得させるほど魅力的なブルックナーでした。これがベルリンフィルだったら完璧なのでしょうが、完璧すぎるのもいかがなものかと思わせるほど。音楽の魅力あるいは私の好みの点でウィーンフィルに軍配を上げたいです。ベルリンフィルよりもずっと自由にのびのびと演奏していて、それがえも言わぬ魅力的な歌となるのです。もちろん人それぞれで好みが分かれるのでしょうね。

ザルツブルクではモーツァルトの生家やカラヤンの像も見ることができました。またウィーンで有名なホテル・ザッハのザッハトルテも堪能しました。ウィーンの本家ホテル・ザッハは混むのでザルツブルクで食べると良いというアドバイスを知人から頂いたのです。美味でした。ちなみにザルツブルクのホテル・ザッハのカフェ、カラヤンやリヒャルト・シュトラウス、ベーム等の指揮者の肖像画を飾っています。
b0319432_06282425.jpg
b0319432_06323859.jpg


★日本ブログ村ランキングに参加しています。
是非1クリックお願いしますね!↓

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へにほんブログ村 クラシックブログ クラシックコンサート・演奏会感想へ
にほんブログ村


[PR]

ハイティンク指揮、ロンドン交響楽団演奏会、ベートーヴェンプログラム
1) 序曲:“レオノーレ”第2番
2) “静かな海と楽しい航海”
3) 交響曲第9番
Erin Wall (S), Karen Cargill (Ms), Steve Davislim (T), Hanno Muller-Brachmann (Bs)
Barbicam Hall, London

b0319432_06153252.jpg

ハイティンクとロンドン響の第九に感動です。ハイティンクは86才になりますが、丁寧な棒さばきが冴えていて全く年を感じさせません。音楽は奇をてらわず正攻法。誠実に音楽に向き合いベートーヴェンの世界を引き出します。静けさに始まる緊張の第1楽章、第2楽章の舞踏におけるビートの効いた躍動感、美しく澄み渡る静かで平和な第3楽章、そして歓喜の第4楽章。大建造物のような音楽の構築性と緊張感は半端ではなく、感動の連続です。このコンビのベートーヴェンの実演は、2年半前の第七番に続き2回目ですが、その時も圧倒的な名演。ほんとにベートーヴェンと相性が良いコンビです。

ロンドン響の音は硬派と言うか、音がゴリゴリして固くややもすると無機質的で、ブラームスなどは野暮ったくなりがちです。しかし、ベートーヴェンになるとイキイキし、無機質さも透明感に変わります。さらに、各パートの音が立ち、見通しの良さが際立って、まるでオーケストラスコアを眺めてるかのように各楽器のそれぞれの動きが眼前に見えてきます。ベートーヴェンのオーケストレーションが、多彩で実は革新的なことがよくわり、ほんとに楽しめました。

Vnは対向配置。ところで小話。いつも素晴らしいClのソロを聴かせてくれるアンドリュー・マリナーは指揮者のネヴィル・マリナーの息子ですが、必ず楽器をアタッシュケースのようなケースに納めてステージに現れ、座席について楽器を組み立てます。今のところ、この人以外こういうことをするのは見たことがありません。


★日本ブログ村ランキングに参加しています。
是非1クリックお願いしますね!↓

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へにほんブログ村 クラシックブログ クラシックコンサート・演奏会感想へにほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

b0319432_06163072.jpg


[PR]

6月6日:フィラデルフィア管弦楽団ロンドン公演
指揮:ヤニック・ネゼ=セガン、pf独奏:エマニュエル・アックス
1) ベートーヴェンpf協奏曲第3番
2) チャイコフスキー交響曲第5番
Royal Festival Hall at Southbank, London

b0319432_04492532.jpg

チャイコの5番の連続となりましたが、期待の若手指揮者ネゼ=セガンとフィラデルフィア管のコンビとあって行きました。実はフィラデルフィア管の実演は初めてです。

ネゼ=セガンの指揮はエネルギッシュで情熱的。身体をいっぱいに格好よく使い、スケール豊かな音楽を引き出します。一方で細かい指示も豊富。紡ぎ出す音楽は、情感豊かで繊細なニュアンスに富んでいます。この先ほんとうに楽しみ指揮者です。


フィラデルフィア管は、弦が特徴的。分厚いけど重くなく柔軟でよく歌います。金管は華やかですが木管は大人しすぎます。そのせいでしょうか。オケ全体は往年の華麗なサウンドというよりはむしろ中庸で統制のとれた感じです。

エマニュエル・アックスの実演を聴くのも初めてですが、とにかくピアノの全てを知り尽くし使いこなすプロ中のプロといった感じでした。fffでも各音クリアで濁らず、pppでも粒立ちよく通る音で、説得性のある歌を奏でていたのは印象的でした。

先日のロンドン交響楽団のチャイコ5番と比べると、弦は剛柔異なれどどちらも分厚いサウンドで引分け、金管はブリティッシュブラスの伝統を誇るロンドンvsオーマンディサウンドの片鱗を示すフィラデルフィアでこちらも引分け、木管は目立ちたがりの名手が揃っているロンドンが圧倒、ホルンは三番手が主役を務めたロンドンに対しエースが仕事をしたフィラデルフィアの圧勝、トータルの音楽はそれぞれのオケの特徴がよく出た雄大かつ繊細な名演で引分け、というところです。

★日本ブログ村ランキングに参加しています。
是非1クリックお願いしますね!↓

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へにほんブログ村 クラシックブログ クラシックコンサート・演奏会感想へにほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村


[PR]

5月7日、ロンドン交響楽団演奏会
1) ブラームス ヴァイオリン協奏曲
2) チャイコフスキー 交響曲第5番
指揮:セミヨン・ビシュコフ、vn:イザベル・ファウスト

b0319432_05381762.jpg

本当は、4月30日のMIDORIさんのバルトークの協奏曲を聴きたかったのですが、病気のため来英できなくり、急遽チケットを交換してもらいました。

ファウストのvnは技術も高く美しい音色。もう少しfffが朗々と鳴り、構えの大きな音楽だとなお良いですが、情感豊かなブラームスに満足でした。ロンドン響も厚みのある音を聞かせてくれましたが、ブラームスにはちょっと不向きかも。以前4番のシンフォニーを聴いたときにも思ったのですが、もっと柔軟な弦の響きが欲しいところです。

チャイコの5番は熱演。ビシュコフの音楽はややゆったりで派手さを抑えたものでしたが、スケールは豊かです。Ob、ClやFlは美しく印象的な歌を聞かせてくれました。伝統の金管群も健在です。ただし、Hrnはいつものトップの人ではなく、時々音は外すし、第2楽章の冒頭のソロはおどおどしていたし、きまっていませんでした。曲が終わったあと、ビシュコフはへとへとになっていてこの姿も印象的でした。


終演後、ファウストさんのサイン会があり、プログラムと持っていったCDにサインしてもらい、記念写真も撮りました。

★日本ブログ村ランキングに参加しています。
是非1クリックお願いしますね!↓

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へにほんブログ村 クラシックブログ クラシックコンサート・演奏会感想へにほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

b0319432_05390078.jpg



[PR]