<   2015年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


ビュッフェ・クランポン、ソプラノサクソフォーンS1、もう製造されていない製品ですが、知る人ぞ知る伝説の楽器。スペインの中古楽器のサイトで発見して、格安で入手しました。1981年製、製造番号32xxx。キーに錆は多々ありますが、管体の状態は上々です。この時代ですから、もちろんストレート管。前パリ音楽院教授のダニエル・デフィエが、カラヤン=ベルリン・フィルやバーンスタイン=フランス国立管の演奏するボレロにおいて、信じられないほど美しい音で吹いているのをご存知の方も多いでしょう。彼の楽器がこのクランポンです。
b0319432_07421475.jpg
中古で出回っているソプラノのS1は、S1とは名ばかりで旧モデルのSuper Dynactionに刻印だけS1としたもの(と私は思う)がほとんどですが、今回入手したのはいわゆるS1メカを搭載した正真正銘のS1です。ソプラノのS1 Prestigeとほぼ同じメカニズムと思われます。

では、S1にユニークなメカの紹介。まずは左手小指テーブル。
b0319432_07454407.jpg
Super Dynactionタイプの旧式でなく、連動式でちゃんとB♭キーに切れ込みが入っていますね。

次はパレット式でローラーレスの右手小指キー。キーの向きが変えられるようになっています。
b0319432_07565225.jpg
ちなみに、アルトもクランポンのS1およびS1 prestigeを使っていますが、アルトの右手小指キーの向きは、ソプラノと45°ほど異なるように設定しています(下写真)。このクランポン独自の右手小指キーはアルトの場合この微妙な角度により絶大な威力を発揮します。ソプラノは、以外とアルトより指間隔が広く、そのためクランポン方式の便利さをまだ実感できていません。
b0319432_07583341.jpg
それから2枚前の写真からお分かりいただけるように、prestigeのソプラノと同じようにHigh Gが装備されています。ヤナギサワがHigh Gを装備したのは1990年代でしょうか?それよりも10年も早く搭載したのですね。High Gのトーンホールは以下のようになっています。
b0319432_08133116.jpg
右手サムフックはS1独自の可動方式。賛否両論あるようですが、少なくとも私には使いやすいです。角度を変えても、親指の位置が遠ざかったり近づいたりしないのです。
b0319432_08210139.jpg
オクターブキーのメカニズムは、同じS1でもアルトとソプラノでは異なります。
b0319432_00174621.jpg
アルトではオクターブキーの回転軸が管体と平行です。つまりキーと親指の第1関節から先とが、同じ方向に動きます。しかしS1ソプラノではオクターブキーの回転軸が管体と直角です。すなわち親指の動きとも直角であり、そのため違和感があります。面白いことにアルトではS1とSuper Dynationとで同じメカのようですが、ソプラノではS1(およびS1 Prestige)とSuper Dynactionでは異なっているようです。
b0319432_00175511.jpg
ソプラノは学生時代にアンサンブル大会に出るため、よそから借りてきて数度吹いたきり。それも30年以上前。S1ソプラノの購入にあたりアルトのセッティングと類似のものを選び、とりあえずマウスピースにバンドレンV5 S15 、リードにD'AddarioのReserve 3番を購入しました。とてもふくよかで管と管内の空気がしっとりと共鳴するクランポンらしい音を奏でてくれます。これから先が楽しみです。

★日本ブログ村ランキングに参加しています。
是非1クリックお願いしますね!↓

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へにほんブログ村 クラシックブログ クラシックコンサート・演奏会感想へ
にほんブログ村





[PR]

ロイヤルバレエ:くるみ割り人形
12月11日、王立歌劇場、コヴェントガーデン、ロンドン

ロイヤルバレエのくるみ割り人形、年末の風物詩です。


b0319432_09030122.jpg

ロイヤルの「くるみ割り人形」は一昨年に次いで2回目。昨年の年末は「くるみ割り人形」は上演されず、かわりに「Alice’s adventure in the wonderland」でした。

b0319432_09215380.jpg
主役にとしてクレジットされるのは金平糖の精とコクリューシ王子ですが、一番目立っているのはクララとその相手役のハンス・ペーター(くるみ割り人形)。特にクララは、第一幕からずっと話の中心にいて踊りまくっています。そのクララ役にはケニア出身のフランチェスカ・ヘイワード、期待の若手です。とにかく可憐で存在感あるダンス。この人が踊り出すと、ぱっと花が咲いたように舞台が明るくなります。第二幕の、各国や花の精などのいろいろな踊りを見ていて自然とその輪の中に入った時などは最高、抜群の存在感によりその場面を完全に自分の舞台にとしてしまします。もう既にプリンシパルに匹敵する存在ではないでしょうか?
b0319432_09230039.jpg
ハンス・ペーター(くるみ割り人形)には豪州出身のアレキサンダー・キャンベル。小柄ながら運動神経抜群のダンスで各国の踊りも次々とこなします。特にロシアの踊りは素晴らしいです。また、ユーモア抜群のパントマイムは見ごたえ満点、金平糖の精に「ネズミと争って、僕は勇敢に戦ったんだけど負けそうになったんだ。でもその時クララが助けてくれたんだよ」と説明する場面は、抱腹絶倒です。実は一昨年見た時もクララとハンスはこの二人で、その時の印象がとても強く今回もこの配役を選んだのでした。


そして真打、金平糖の精は、ローレン・カスバートソン。彼女のバレエを見るのは初めてですが、細みの体から繰り出される舞は美しくとても上品。さすが英国の誇るプリンシパルです。またその相手役コクリューシ王子は、伊出身同じくプリンシパルのフェデリコ・ボネリ。長身で端正かつ優雅な踊りが光りました。出番は短くても、この日のような舞を見ると、やはりこの二役が主役だな、プリンシパルを当てるだけあるな、と納得します。

b0319432_09234233.jpg

それから、ピーター・ライト振付のくるみ割り人形で欠かせないのが、ハンス・ペーターの叔父で人形職人かつ魔術師のドロッセルマイヤー。こちらにはギャリー・エイヴィス!ドロッセルマイヤー役の第一人者のようですね。まったくもって当たり役、このお話の陰の演出家としての存在感は素晴らしいです。

b0319432_09271647.jpg

日本人ダンサーでは、若手の金子扶生さんとアクリ瑠嘉さんがそれぞれ仕掛け人形のヴィヴィアンディエールとドロッセルマイヤーの助手、そしてボネリの奥さんの小林ひかるさんが花の精を先導する4人の花の一人として、それぞれ重要な場面で登場していました。ロイヤルバレエでの日本人の活躍、いつも楽しみです!

★日本ブログ村ランキングに参加しています。
是非1クリックお願いしますね!↓

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へにほんブログ村 クラシックブログ クラシックコンサート・演奏会感想へ
にほんブログ村



[PR]
by amati701 | 2015-12-28 09:35 | バレエ