<   2015年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ハイティンク指揮、ロンドン交響楽団演奏会、ベートーヴェンプログラム
1) 序曲:“レオノーレ”第2番
2) “静かな海と楽しい航海”
3) 交響曲第9番
Erin Wall (S), Karen Cargill (Ms), Steve Davislim (T), Hanno Muller-Brachmann (Bs)
Barbicam Hall, London

b0319432_06153252.jpg

ハイティンクとロンドン響の第九に感動です。ハイティンクは86才になりますが、丁寧な棒さばきが冴えていて全く年を感じさせません。音楽は奇をてらわず正攻法。誠実に音楽に向き合いベートーヴェンの世界を引き出します。静けさに始まる緊張の第1楽章、第2楽章の舞踏におけるビートの効いた躍動感、美しく澄み渡る静かで平和な第3楽章、そして歓喜の第4楽章。大建造物のような音楽の構築性と緊張感は半端ではなく、感動の連続です。このコンビのベートーヴェンの実演は、2年半前の第七番に続き2回目ですが、その時も圧倒的な名演。ほんとにベートーヴェンと相性が良いコンビです。

ロンドン響の音は硬派と言うか、音がゴリゴリして固くややもすると無機質的で、ブラームスなどは野暮ったくなりがちです。しかし、ベートーヴェンになるとイキイキし、無機質さも透明感に変わります。さらに、各パートの音が立ち、見通しの良さが際立って、まるでオーケストラスコアを眺めてるかのように各楽器のそれぞれの動きが眼前に見えてきます。ベートーヴェンのオーケストレーションが、多彩で実は革新的なことがよくわり、ほんとに楽しめました。

Vnは対向配置。ところで小話。いつも素晴らしいClのソロを聴かせてくれるアンドリュー・マリナーは指揮者のネヴィル・マリナーの息子ですが、必ず楽器をアタッシュケースのようなケースに納めてステージに現れ、座席について楽器を組み立てます。今のところ、この人以外こういうことをするのは見たことがありません。


★日本ブログ村ランキングに参加しています。
是非1クリックお願いしますね!↓

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へにほんブログ村 クラシックブログ クラシックコンサート・演奏会感想へにほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

b0319432_06163072.jpg


[PR]

6月6日:フィラデルフィア管弦楽団ロンドン公演
指揮:ヤニック・ネゼ=セガン、pf独奏:エマニュエル・アックス
1) ベートーヴェンpf協奏曲第3番
2) チャイコフスキー交響曲第5番
Royal Festival Hall at Southbank, London

b0319432_04492532.jpg

チャイコの5番の連続となりましたが、期待の若手指揮者ネゼ=セガンとフィラデルフィア管のコンビとあって行きました。実はフィラデルフィア管の実演は初めてです。

ネゼ=セガンの指揮はエネルギッシュで情熱的。身体をいっぱいに格好よく使い、スケール豊かな音楽を引き出します。一方で細かい指示も豊富。紡ぎ出す音楽は、情感豊かで繊細なニュアンスに富んでいます。この先ほんとうに楽しみ指揮者です。


フィラデルフィア管は、弦が特徴的。分厚いけど重くなく柔軟でよく歌います。金管は華やかですが木管は大人しすぎます。そのせいでしょうか。オケ全体は往年の華麗なサウンドというよりはむしろ中庸で統制のとれた感じです。

エマニュエル・アックスの実演を聴くのも初めてですが、とにかくピアノの全てを知り尽くし使いこなすプロ中のプロといった感じでした。fffでも各音クリアで濁らず、pppでも粒立ちよく通る音で、説得性のある歌を奏でていたのは印象的でした。

先日のロンドン交響楽団のチャイコ5番と比べると、弦は剛柔異なれどどちらも分厚いサウンドで引分け、金管はブリティッシュブラスの伝統を誇るロンドンvsオーマンディサウンドの片鱗を示すフィラデルフィアでこちらも引分け、木管は目立ちたがりの名手が揃っているロンドンが圧倒、ホルンは三番手が主役を務めたロンドンに対しエースが仕事をしたフィラデルフィアの圧勝、トータルの音楽はそれぞれのオケの特徴がよく出た雄大かつ繊細な名演で引分け、というところです。

★日本ブログ村ランキングに参加しています。
是非1クリックお願いしますね!↓

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へにほんブログ村 クラシックブログ クラシックコンサート・演奏会感想へにほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村


[PR]