<   2015年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

5月7日、ロンドン交響楽団演奏会
1) ブラームス ヴァイオリン協奏曲
2) チャイコフスキー 交響曲第5番
指揮:セミヨン・ビシュコフ、vn:イザベル・ファウスト

b0319432_05381762.jpg

本当は、4月30日のMIDORIさんのバルトークの協奏曲を聴きたかったのですが、病気のため来英できなくり、急遽チケットを交換してもらいました。

ファウストのvnは技術も高く美しい音色。もう少しfffが朗々と鳴り、構えの大きな音楽だとなお良いですが、情感豊かなブラームスに満足でした。ロンドン響も厚みのある音を聞かせてくれましたが、ブラームスにはちょっと不向きかも。以前4番のシンフォニーを聴いたときにも思ったのですが、もっと柔軟な弦の響きが欲しいところです。

チャイコの5番は熱演。ビシュコフの音楽はややゆったりで派手さを抑えたものでしたが、スケールは豊かです。Ob、ClやFlは美しく印象的な歌を聞かせてくれました。伝統の金管群も健在です。ただし、Hrnはいつものトップの人ではなく、時々音は外すし、第2楽章の冒頭のソロはおどおどしていたし、きまっていませんでした。曲が終わったあと、ビシュコフはへとへとになっていてこの姿も印象的でした。


終演後、ファウストさんのサイン会があり、プログラムと持っていったCDにサインしてもらい、記念写真も撮りました。

★日本ブログ村ランキングに参加しています。
是非1クリックお願いしますね!↓

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へにほんブログ村 クラシックブログ クラシックコンサート・演奏会感想へにほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

b0319432_05390078.jpg



[PR]



いろいろとロンドンの演奏会等の感想を書いていますが、私はアマチュアのサクソフォーン吹きでもあります。ロンドンでアマチュアの吹奏楽団に入っています。中学生の時に聞いたカラヤン=ベルリン・フィルの「アルルの女」や「展覧会の絵」でのアルトサクソフォーンの美しい音を初めて聞いた時の衝撃は忘れられません。

そのサクソフォーンの主は、当時パリ音楽院の教授だったダニエル・デファイエ。カラヤンがベルリンフィルでサクソフォーンを使うときは、必ずデファイエを呼んでいたというのは有名な話。デファイエの演奏はCD、Youtubeでいくつか聴け、すでによそのブログで多く紹介されていますが、最近ジャン・リヴィエの「トランペットアルトサクソフォーンのための協奏曲」の”デファイエの録音”なるものがYoutubeにアップされました。トランペットはロジェ・デルモットらしい。

音源の出処がはっきりしないので、イマイチ不安ですが、やや軽く開ているけど引き締まり透明で純度が高く美しい音、歯切れのいいリズム、広大なフレージング、音の本質に一体化した特徴的なヴィヴラート、やはりデファイエですよね?


★日本ブログ村ランキングに参加しています。
是非1クリックお願いしますね!↓

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へにほんブログ村 クラシックブログ クラシックコンサート・演奏会感想へにほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

[PR]