ノリントン&エイジ・オブ・エンライトゥンメント管弦楽団:雅やかな古楽器の響


b0319432_08505530.jpg
2016年2月14日 エイジ・オブ・エンライトゥンメント管弦楽団演奏会
指揮:サー・ロジャー・ノリントン
独奏:リサ・ベズノシウク (flute)、フランス・ケリー (harp)
(1) ハイドン:交響曲第83番
(2) モーツァルト:フルートとハープのための協奏曲
(3) Chevalier de Sain-Georges:L'Amant anonymから序曲
(4) ベートーヴェン:交響曲第2番
b0319432_08530326.jpg
バッハやモーツァルトの曲を古楽器オーケストラで聴くのは好きでCDは何枚も持っていますが、実演は初体験。ロンドンは時代楽器演奏の草分けなのに、今まで機会を逃していました。ノリントンとエイジ・オブ・エンライトゥンメント管弦楽団の雅やかな音色と暖かい音楽は味わい深いものがあります。ヴィヴラートをほとんど使わない(一人、二人かけているVnの人がいますが)弦楽器の響きはシンプルでぜい肉がなく、いろんな音の重なりがクリアに聞こえます。また管楽器の響きが立派過ぎないため、その楽器本来の色合いが、オーケストラの音色に効果的に彩りを添えます。そのため、作曲家のスコアリングの意図が明確に分かるかのようです。
b0319432_08544179.jpg
b0319432_08544342.jpg
この傾向は、モーツァルト、ベートーヴェンと時代が下るにつれ顕著です。「フルートとハープのための協奏曲」は、決してフランス風の優雅の曲ではなく、当時のオーケストラの特徴を最大限に発揮させた極めてオーケストレーションの巧みな曲のように思えました。ベートーベンの交響曲2番も、私にはモダン楽器で聴くと少々退屈なのですが、古楽器のこの日の演奏では、様々なモチーフやフレーズが様々な楽器の間をくるくる受け渡される様子がとても面白く、第3番以降と同じく革新的な音楽語法の曲のように感じることができました。
b0319432_08531857.jpg
モーツァルトでflを演奏したのは古楽器でお馴染みのベズノシウク。ひと頃英国の古楽器のレコーディングではフルートはほとんどこの人が吹いていたように記憶しています。私もバッハの演奏を中心にCDをいくつか持っていますが、そのしっとりした音色と歌はとても味わい深いものです。この日のモーツァルトでも、小鳥のさえずりのようなflはとてもチャーミングで、装飾音符のアドリブを多用した時代楽器特有の奏法も見事でした。ただし、ホールがやはり大きすぎたかも。音がいまひとつ通らず微妙なニュアンスを聞けなかったのは残念でした。もっとこじんまりとしたホールでこそ、この人のその味わい深い演奏を堪能できたと思います。
b0319432_08544224.jpg

ベートーヴェンでは、クラリネットの名手アントニー・ペイが登場。よく透る軽やかで暖かい音は現代でも極めて魅力的です。こういう音を聴くとドイツやウィーンのクラリネットは重いなと思ってしまいます。この人はモダン楽器でも、マリナー指揮のグラン・パルティータなどでダンディーな演奏を聴かせてくれますが、古楽器の音からの影響が大きいのでしょう。

b0319432_08532981.jpg
b0319432_08553934.jpg

★日本ブログ村ランキングに参加しています。
是非1クリックお願いしますね!↓

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へにほんブログ村 クラシックブログ クラシックコンサート・演奏会感想へ
にほんブログ村


[PR]