ムジークフェラインでウィーンフィルを聴く(2):”イケメン”オッテンザマー父子のクラリネット・トリプルコンチェルト

1月10日、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団演奏会。ウィーン楽友協会黄金のホール。指揮:アンドリス・ネルソンス。この日のメインは先に書きましたベートーヴェンの英雄。しかしもう一つの目玉が、オッテンザマー父子子3人による Iván Erödのクラリネットのための三重協奏曲、世界初演です。
b0319432_06491900.jpg
父エルンストは、ウィーンフィルで30年以上もの間首席をになっている名手。私が昨夏、ザルツブルグとプロムスでウィーンフィルを聴いた時も、トップはこの人だったと思います。兄ダニエルは2009年からウィーンフィルの首席奏者として活躍しています。そして弟アンドレアスは2011年によりベルリンフィルの首席奏者についています。昨年冬のベルリンフィルのロンドン公演時には、シベリウスの交響曲第1番冒頭の素晴らしいソロで聴衆を引きつけていました。アンドレアスはアンサンブル・ウィーン=ベルリンのメンバーでもあり、イケメン若手クラリネット奏者としてマークされている方も多いかと思います。

b0319432_06495581.jpg
この親子、クラリノッツという3人のアンサンブルグループとしても活躍しています。過去に来日公演を聞かれた方もいらっしゃるでしょう。本日のトリプル・コンチェルトは、このクラリノッツのために作曲された曲だそう、この日が世界初演、作曲者のErödさんも曲が終わると舞台に登場していました。音楽語法としては保守的なもので、20世紀後半以降の現代奏法をほとんど使われていませんでしたが、クラリネットの技巧と魅力を十分に引き出し活用するものでした。2楽章の静かで深遠な世界は、モーツァルトを意識したのではと思わせるようでした。
b0319432_06540352.jpg
そして、このオッテンザマー父子3人、当たり前ですがめちゃ上手いです。父エルンストは、滋味豊かな音色でアンサンブルを支えます。しかしウィーンフィルの名物プレーヤーもこの日ばかりは息子達に押され気味、主役の座を譲っていました。兄ダニエルのクラリネットは貴公子のように美しく気高く毅然としています。テクニックも抜群。弟アンドレアスは3人の中にいると少々やんちゃ振りを発揮。自由自在な表現でスケールの大きさが伺えます。
b0319432_06544546.jpg
何より面白かったのは、超ハイレベルの音楽を通した父子の会話。父親はハラハラしながら息子たちの成長に目を細め、兄はここぞとばかり長兄の貫禄を存分に発揮、弟はこの日ばかりは末っ子らしい奔放ぶり。皆それぞれの見せ場が終わったときに「どうだい、ちゃんと出来ただろう?!」と言わんばかりに他のふたりに合図を送るそのドヤ顔ぶりは、とても微笑ましいものでした。

アンコールは3人でコパカバーナ。こういう曲は弟アンドレアスの乗りのよさが目立っていましたが、父も一生懸命ポップスのリズムに乗っていました。

★日本ブログ村ランキングに参加しています。
是非1クリックお願いしますね!↓

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へにほんブログ村 クラシックブログ クラシックコンサート・演奏会感想へ
にほんブログ村



[PR]
by amati701 | 2016-01-24 06:55 | オペラ