英国ロイヤルバレエ・ロミオとジュリエット:ヌニェスの美しく気品あふれる舞にうっとり!


アップが遅れましたが、昨年12月1日に、ロンドン、コヴェントガーデンの王立歌劇場で行われたロイヤルバレエのロミオとジュリエット公演。
b0319432_09045474.jpg
ロイヤルバレエのロミジュリは一昨年以来、2度目。最初のときは、ナターリャ・オシポワとカルロス・アコスタというこれまたスターの共演。二人共ダイナミックなバレエで身体いっぱいを使った感情表現に感激したものでした。
b0319432_09095283.jpg
そして今回、ジュリエットおよびロミオには、プリンシパルのマリアネラ・ヌニェスと同じくプリンシパルのティアゴ・ソアレス。黄金コンピです。
b0319432_09075167.jpg
ヌニェスの踊りはとても優雅。そしてちょっとした手足、首や肩のしぐさがものすごく表情豊かでセリフが聞こえるかのようです。美しく可憐な容姿と相まって、ジュリエットの揺れ動く心情が自然と湧き出るかのうよう。かたやロミオ役のソアレスはキレのある躍動感あふれるダンスを披露。この二人は実生活でも夫婦。息もぴったりのパ・ド・ドゥは恋人たちの幸せと悲しみを見事に描き見応え満点です。オシポワ&アコスタがちょっとやんちゃでエネルギーあふれる青少年のような恋人達を演じていたのに対し、ヌニェス&ソアレスは老いも若きも共感できる普遍的な愛を感情がにじみ出るようなしっとりした舞で表現していたのが対照的です。
b0319432_09092394.jpg

その他の役のダンスもとても面白いですね。ロミオと友達のダンスはリズミカルで「悪ガキトリオ」って感じでとても楽しめました。日本人では平野亮一さんがパリス伯爵役。重要な役を堂々と演じていましたが、最後はロミオにあっさり殺害されかわいそうです。

b0319432_09093823.jpg

プロコフィエフの曲が本当いいです。そういえば古典交響曲の一部を借用しているのですが、バレエの公演を観て初めて知りました。オペラハウスのオケはこの日はまあまあの出来。テナーサックスはちょっと物足りません。楽器はSelmerでした。クラリネットはベルにリングがなく英国製のPeter Eatonかも?


b0319432_09100896.jpg

★日本ブログ村ランキングに参加しています。
是非1クリックお願いしますね!↓

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へにほんブログ村 クラシックブログ クラシックコンサート・演奏会感想へ
にほんブログ村

b0319432_09061923.jpg



[PR]
by amati701 | 2016-01-06 09:15 | バレエ