高田茜さんピンチヒッターで主役:英国ロイヤルバレエ・ドン・キホーテ

11月27日:英国ロイヤルバレエ “ドン・キホーテ”
Royal Opera House, Covent Garden, London
演出・振り付け:Carlos Acosta (Marius Petipaの振り付けに基づく)

Kitri: Akane Takada, Basilio: Alexander Campbell,
Don Quixote: Gary Avis, Sancho Panza: Jonathan Howells,
Lorenzo: Alastair Marriott, Gamache: Johannes Stepanek
b0319432_02511214.jpg
英国ロイヤルバレエの“ドン・キホーテ”公演。バレエ素人の私はよく知らなかったのですが、19世紀のバレエの中では代表的な作品だそうです。念の為にネットでストーリーを予習。たわいもない喜劇ですが、スペインの踊りを取り入れたダンスは見ごたえがあります。

主役予定のプリンシパル ロベルタ・マルケスさんのケガで、日本期待のホープ高田茜さんが主役のキトリを演じました。高田茜さんは現在プリンシパルの次のFirst Solistという地位。足がスラリと伸び、技術的にも高そう。明らかに舞台の他の人よりは上手くキレもあり、この先が楽しみです。ただ初々しいというか、やや生真面目というか、先日マノンで見たヌニェスさんの踊る姿からにじみ出るニュアンスや表情があまり感じられません。雰囲気が物足りない感じ、やはりプリンシパルを張るには相当なものが必要なのでしょうね。


相手役のキャンベルさんは、日本人的体格。そのせいかどうかわかりませんが、動きに体操選手のようなキレがあり、ソロで軽々と宙を舞う姿は見応え充分です。またこの人は、昨年見たくるみ割り人形でハンス・ペーター(くるみ割り人形)役でしたが、ユーモア溢れる間の取り方とコミカルな動きは絶妙で、今回も何度も笑ってしまいました。特に自殺と見せかけキトリとの結婚の許しをロレンツァから取り付けたあとおもむろに起き上がるシーンは秀逸。


タイトルのドン・キホーテは演技はするがほとんど踊らず、ダンスの主役は若いカップルという面白い設定のバレエでした。振り付けは、ロイヤルバレエの客演プリンパルのカルロス・アコスタさん。今回も£10の席。


★日本ブログ村ランキングに参加しています。
是非1クリックお願いしますね!↓

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へにほんブログ村 クラシックブログ クラシックコンサート・演奏会感想へにほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村
[PR]
by amati701 | 2014-11-30 03:00 | バレエ