チェ・ユフィさんの可憐なオーロラ姫:ロイヤル・バレエ ”眠れる森の美女”

これまたアップが遅れましたが4月9日に行ったロイヤル・バレエ“眠れる森の美女”の2014年春、最終公演。
場所はRoyal Opera House、Covent Garden、London

b0319432_01051037.jpg
ロンドンでのロイヤルバレエは、昨秋のロミオとジュリエット、年末のくるみ割り人形に続き三度目。今回も素晴らしくまたしても感動しました。主役オーロラ姫を演じたのは、北九州出身の崔由姫(チェ・ユフィ)さん、抜群のテクニック、そして何よりも優雅かつ可憐な踊りに魅了されました。表情も愛くるしくプリンセスにぴったり。ロンドンっ子にも大人気で第一幕の最初のソロからブラボーの嵐。眠れる森の美女では主役を度々演じているようで、世界のトップにふさわしい活躍。王子役のGoldingは背が高く、手足も長く、雄大な踊りで妻のお気に入りでした。

このバレエを見るは初めてでしたが、いろんな役がそれぞれ見せ場を持っているのですね。特にオーロラ姫に続く準主役の女性キャラクターそれぞれに主役並みの見せ場のソロがあり、チャイコの他のバレエよりバレエ的な楽しみが多いように思えました。また、最後の結婚式の場面では、長靴を履いた猫、赤ずきんちゃんと狼、青い鳥などおとぎ話のキャラクターが出てきて、これまた楽しめました。

b0319432_05583570.jpg
崔由姫さんはFirst Soloistですが、他に小林ひかるさん、高田茜さん、平野亮一さん、蔵健太さんがFirst SoloistまたはSoloistとして活躍していて、吉田都さん、熊川哲也さんの築いたロイヤルバレエでの日本人のプレゼンスをしっかり広げているようです。今回、高田さんはフロリナ王女(青い鳥のパートナー)とEnchanted Gardenの精で軽やかで素晴らしいダンスを見せてくれました。小林さん、平野さん、蔵さんも、いつも重要な役どころを演じており存在感を示しています。ちなみに、小林さんはWoodland Gladeの精、蔵さんはその騎士及び長靴を履いた猫、平野さんはリラの精の騎士でした。

こんな世界一流のバレエを一人£10で見れるので、なんともお得です。さすがに格安席は舞台を見下ろす感じで、まず席に着くまでが少々怖かったです。


★日本ブログ村ランキングに参加しています。
是非1クリックお願いしますね!↓

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へにほんブログ村 クラシックブログ クラシックコンサート・演奏会感想へにほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村
b0319432_01154998.jpg

[PR]
by amati701 | 2014-04-28 01:18 | バレエ