過去の演奏会 ~ ガーディナー・ロンドン交響楽団・ピリス:“スコットランド”、シューマンのピアノ協奏曲

少し前のことだが、1月21日に行ったロンドン交響楽団(LSO)の演奏会。指揮は古楽器の大御所ガーディナー。この10年間、レコード芸術は読んでなかったし、新譜CDも買ってなかったので、ガーディナーがモダンオケを振るとはなどとは思っていなかった。私の中では、彼にとっての最もモダンなアプローチはオルケストル・レヴォリュショネール・エ・ロマンティークである。ということで、ガーディナーもとうとう丸くなったのか、などど勝手に思い込み行ってきた。

メインはメンデルスゾーンの交響曲第3番“スコットランド”。 ガーディナーさん、やっぱりやってくれました。ヴァイオリン、ヴィオラ全員立ったままでの演奏。まずはびっくりさせられた。19世紀初頭はこうだったのだろうか?みんな楽しそうだが、幾分自由を持て余し気味でもある。そして、極力ヴィヴラートを抑えた弦、次の音の前に一瞬の間を設けかつ後押しするようなテヌートなど、古楽奏法を随分もち込んでおり、普段とは異なるロンドン交響楽団の新鮮な色合いを醸し出していたのは確かである。しかしオケは、楽しみながらもちょっと窮屈そう。古楽奏法で音がシェイプアップし、各パートの動きがわかりやすくなるのではと期待したのだが、逆に中途半端にごちゃごちゃなったよう。管楽器も音量を無理に抑えているようで、Clの2楽章の見せ場のソロではリード音が耳につく。普段は皆さんそれぞれ自由闊達に演奏しながらも、見事に統制が取れていて、まるでスコアを眺めているように、あらゆるパートの動きの意図が聞き取れるのだが。。。以前に、ハイティンクやゲルギエフ指揮下で聞いたLSOの驚くべき見通しの良さはこの日は7割程度というところ(これらについてはまたレポートしたい)。音楽そのものはこの曲の陰の部分を丁寧に描くことにより、普段気づかれにくいメンデルスゾーンの音楽の深みを表現していて私にとっても新しい発見だった。

その他に「フィンガルの洞窟(英語名:The Hebrides)」とシューマンのpf協奏曲(pf:マリア・ジョアオ・ピリス)。ピリスの生演奏は2回目だが、今回もがっかりした。左手はオケの音に埋もれ何を弾いているかよくわからず、右手のメロディーラインしかはっきり聞こえない。オケとの呼吸はあっていないし、音楽の生命感はないし、シューマンの協奏曲ってこんなに退屈だったのかと思われるほど。デュメイとの数々のヴァイオリンとピアノのためのソナタなど、CDで聞く限り大好きなピアニストなのだが、その片鱗はほとんど聞くことができない。以前聞いたモーツァルトの協奏曲17番でもそうだった(この時はハイティンク指揮)。昨年9月に聞いた内田光子&ロンドン響の超エクセレントなコンチェルトとは雲泥の差である。というわけで、この日は満足度70点で終わった演奏会だった。

ちなみに、ピリス、ロンドン交響楽団の組み合わせ(ガーディナー指揮、同じプログラム)で、東アジアを演奏旅行しているようだが残念ながら今年は日本にはいかないようである。

★日本ブログ村ランキングに参加しています。
是非1クリックお願いしますね!↓

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へにほんブログ村 クラシックブログ クラシックコンサート・演奏会感想へにほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村
[PR]
by amati701 | 2014-02-23 20:59 | 音楽